15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

楽譜サンプルを
大きいウィンドウにて表示

絞り込み条件を変更する

弾いちゃお検索

見つめていたい / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 10ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 au『LISMO』CMソング

解説

ギターはエレクトリック2本、アコースティック1本の計3本をダビングしているようだが、アレンジ的には2本で十分に原曲の雰囲気が出せるはずだ。譜面は基本的に上段(Guitar I)をエレキ、下段(Guitar II)をアコギとして2本にまとめて記譜させてもらっている。サウンドは両パート共に軽くピッキングするとクリーン・トーンになる程度の軽い歪みを基本としているが、[G]のソロのみは歪み及び音量がアップしているので2チャンネル仕様のアンプかエフェクターを使ったセッティングが必要だ。[A]等のアルペジオはトレモロを使って音揺れを演出しているので、こちらも出来ればエフェクターで再現してほしい。テクニック面ではアコギによるアルペジオでフィンガー・ピッキングを使っている点に注意。コード・ストロークにも対応するため、サム・ピックを使ってプレイすると良いだろう。キーボードはストリングスとピアノ、さらに部分的にオーボエ等のダブル・リード系音色も使っている。2台のシンセかスプリット、また音色切り替えを駆使してプレイしよう。ストリングスは譜面が煩雑になるため単音ラインで記譜したが、実際にはオクターブ下の音が加わっているので、出来れば再現して欲しい。また、ベース・パートの段を借りて低音のルートラインを記譜している部分もあるので注意しよう。ベースはスロー・テンポなので、リズムを身体に細かく刻んだ上でリズム・キープし、各発音タイミングをジャストに合わせよう。グリスによるポジション移動も頻繁に用いているので、それぞれのグリス・スピードにも注意したい。ドラムは[B]等の16分ウラのスネアのロールによるゴースト・ノート等に注意。手首の力を抜いてうまくメリハリを付けて演奏しよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報