15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Hills / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 18ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

ギターはエレクトリックが少なくとも2本以上とアコースティック1本の計3本以上はダビングされているが、譜面はギタリスト2人のバンドでコピーすることを考慮し、2段にまとめて記譜している。アコギは[A]のアルペジオのみ記譜し、それ以外の部分は全てエレキのプレイである。実際には[B]以降もアコギのコード・ストロークがプレイされているが、アレンジ上補助的な役割であるため省略させてもらった。基本的に上段(Guitar I)がオクターブ奏法やアルペジオ奏法のリード・ギター、下段(Guitar II)がコード・バッキング中心のサイド・ギターという図式だ。両パートとも軽く歪んだサウンドだが、下段パートの歪みをやや浅くし、音量も控えめにしておこう。但し、[K]の上段はトレモロを掛けたクリーン・トーンなので、上段パートはエフェクターか2チャンネル仕様のアンプを使い、音色切り替えする必要がある。[A]のアコギは紙面の都合上上段に記譜したが、音量的にサイド・ギター担当とし、エレキで代用するのが現実的だ。キーボードはピアノを中心にストリングスは省略し、[B]以降はスプリットや2台のシンセを用いて対処しよう。ピアノとパッドの和音が重なっている部分は、どちらかの音色に統一してしまっても良いだろう。ベースはグリスを伴うポジション移動を時折用いているが、グリスのスピードをうまくコントロールして、自然に音を繋げるように注意したい。ドラムは[C]9~14小節のような16分ウラのゴースト・ノートの強さに注意。手首を柔らかくしてうまくノリを出していこう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報