15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

LOVE 2010 / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 13ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

ギターはエレクトリックが少なくとも2本以上、アコースティックが1本の計3本以上がダビングされているが、譜面は下段(Guitar II)をアコギ専属とし、上段(Guitar I)は若干のアレンジを加えた上でエレキをまとめて記譜させてもらった。シンセによる和音が厚めに入っているので、譜面通りに演奏すれば原曲の雰囲気を十分に出せるはずだ。エレキは歪んだサウンドを基本としているが、[C]と[F]の5~8小節のみはクリーン・トーンに近く、トレモロのエフェクトで音揺れを表現している。ここは出来ればトレモロを効かせた上でギター本体のボリュームを下げることで対処すると良いだろう。キーボードはピアノとブラス&ストリングスを用いている。[H]のパッドは譜面上で省略したエレキの和音を補う意味で記譜してある。バンド全体としての厚みが得られれば良いので、前後の部分と同様にブラスの音色のままでも良いだろう。ピアノのプレイは部分的にチェンバロの音色も交えているので、原曲を聴いた上でピアノの音色にミックスさせても良い。また、実際は[B]や[C]の5~8小節目等でもピアノが弾かれているがブラスやギターの音色が前面に出てくるため省略させてもらった。トータルすると2台のシンセやスプリットを用いて1人でコピーできる譜面となるので、音色切り替えを含めしっかり演奏して原曲の雰囲気を出そう。ベースはグリスによるポジション移動や休符及びスタッカートを多用したメリハリのあるプレイだ。しっかりリズムキープしつつ、原曲の細かいニュアンスを演出してみよう。ドラムはスローなリム故に6連や32分のオカズが頻発する。[E]のスネア連打によるアクセントの付け方なども合わせ、それぞれしっかりコピーしていこう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報