15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Quville / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 12ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

ギターはエレクトリックが3本以上とアコースティックが1本の計4本以上がダビングされているようだ。アコギは曲全体を通してプレイされているが、かなり控えめな音量で、[B]以外の部分は前面に出てこないために譜面では省略させてもらった。アコギは[B]のみ記譜したが、ここも(バンド全体のバランスとして)音数が少ない印象を得たいため、あえてエレキで代用せず省略するのも得策だ。従って、エレキ2本でコピーするのが現実的と言える。[B]9~16小節及び[E]5~8小節の上段パート(Guitar I)は実際には単音のラインを2本重ねたプレイだが、1本のギターで弾けるようにポジションをアレンジして記譜したので御了承願いたい。両パート共に軽く歪んだサウンドだが、下段パート(Guitar II)の[B]と[E]のみクリーン・トーンとし、[B]ではトレモロ、[E]ではフェイザーというように異なるニュアンスの音揺れを演出しているので気を付けたい。キーボードはコーダ2部分のS.E.風シンセ音以外は全てオルガンの音色を使う。コーダ2部分は音色的にエレキのグリスで代用できるので、オルガンのみを使えば良いが、アレンジ的にはあくまで補助的な役割であるため、キーボーディストがいないバンドでコピーしても良いだろう。ベースは[B]の休符及びスタッカートの表現や[D]等の16分リズムのノリに注意。ドラムも[D]等の16分ウラのキックのタイミング等に気を付け、軽快なノリを出しつつリズム・キープしてプレイしよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報