15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

最後のページ / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 14ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

当ナンバーはアコースティック・ギターに合わせて半音下げチューニングで記譜している。ギターはエレクトリック2本とアコースティック1本の計3本をダビングしているが、エレキの内の1本はアコギが弾くコード・プレイに類似する内容であるため、譜面は上段(Guitar I)を主にリード担当となるエレキ、下段(Guitar II)をアコギとして2段にまとめて記譜させてもらった。エレキの[D]カッコ内のプレイはダルセーニョ後にプレイされる3本目のギターだが、バンドでコピーする場合はこのプレイを優先し、ダルセーニョ前のプレイを省略すると良いだろう。このカッコ内のパートはトレモロを使って音揺れを演出しているので注意したい。基本的な音色は軽く歪んだサウンドで統一できるが、各セクション毎の音量バランスに注意し、細かくボリューム・コントロールすると良い。キーボードはストリングス、ピアノを担当する。曲前半で登場するフルートは(生楽器でプレイできれば良いのだが、)キーボーディストが1人のバンドでプレイする場合は省略し、ピアノのコードとベース段を借りて記譜した低音部のルートのラインをプレイしよう。ストリングスとピアノはスプリットや2台の鍵盤を使って1人でカバーできるので、しっかり練習して原曲の雰囲気に近づけよう。ストリングスは実際にはオクターブで鳴っているので、シンセのオクターブ設定にて対処すると良い。ベース&ドラムはややテンポがゆっくりな目なため、16分等の細かいリズムが頻繁に絡んでくる。細かいノリを常に身体に刻んでおくことでリズム・キープしよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報