15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

今年の桜 / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 15ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

当ナンバーはアコースティック・ギターに合わせて半音下げチューニングで記譜している。キーボードはトランスポーズさせ、エレクトリック・ギター、ベースがレギュラー・チューニングでプレイする場合は譜面に表記したポジションを1フレット分下げてプレイしよう。ギターは他のナンバー同様にエレキを2本以上、アコースティック1本の計3本以上ダビングされている。譜面は上段(Guitar I)をリード・ギター中心のエレキとし、下段は、基本的にアコギを記譜した([H]のみ特徴的なワウ・サウンドのバッキングを優先して記譜)。しかし、エレキの内の1本はアコギと類似したコード・バッキングをしているので、下段パートは好みの楽器を選択して良いだろう。ただし、アコギを選択した場合はコード感を前面に出したいため、エレアコを使うか、マイクでしっかり音を拾って音量を確保したい。キーボードはストリングスとピアノの音色を使用する。比較的シンプルなプレイなので、[F]等のサビ部分にて中低音のコードをフォローしても良いだろう。ベースは8分のリズム中心の分かりやすい演奏だが、他のナンバー同様にグリスを使ったポジション移動やコード・トーンを1度→5度→8度というようにオクターブの範囲で移行するフレーズも多く登場するのでミス・トーンの無いようにしっかりコピーしていこう。ドラムは[B]等のスネアによる16分ウラのゴースト・ノートや[C]のダルセーニョ後におけるスネア連打のニュアンス、アクセントの付け方等に気を付けたい。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報