15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

楽譜サンプルを
大きいウィンドウにて表示

絞り込み条件を変更する

弾いちゃお検索

タイムカプセル / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 14ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

エレクトリック・ギターを3本以上ダビングしており、複雑なアレンジとなっている。譜面はギタリスト2人のバンドでコピーすることを考慮し、類似したコード・バッキングを1本にまとめる等した上で2段にまとめて記譜させていただいたので、御了承願いたい。スロー・テンポの落ち着いた雰囲気であり、ギター・サウンドは2本共に浅い歪みのクランチ・トーンを基本とする。[A]、[B]、[D]、[E]の上段パート(Guitar I)等のアルペジオは若干歪みを落としたいので、ギター本体のボリュームを絞る等してクリーンなサウンドに近づけよう。また、[C]の上段、[F]の下段パートではワウも用いているので、出来ればしっかりシミュレートしたい。[B]の9、10小節や[K]のオクターブ・プレイは実際には(さらに1オクターブ上のラインも重ねた)3オクターブにまたがるユニゾンだ。従って、オクターバーやピッチ・シフターを使い、そのセッティングに応じてシングル・ノートで弾いても良いだろう。キーボードはストリングス系とピアノ系のアタックのあるシンセ音を使っているようだが、アレンジ的には極めて補助的な役割であり、また、部分的にプレイされるだけなので、省略しても十分に原曲のニュアンスは得られるはずだ。キーボーディストがいるバンドでコピーする場合は、[E]等のサビ部分でパッド等による和音を加えても良いだろう。ベース&ドラムはスロー・テンポ故に16分以上の細かいリズムが良く使われ、またベースはスタッカートやグリス、ドラムはスネアのゴースト・ノートやハイハット・オープン&クローズも絡む。それぞれ確実に演奏すると共にしっかりリズム・キープしよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報