15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

旅立ち / GReeeeN 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト GReeeeN  アレンジ/採譜者  
作曲者 GReeeeN  作詞者 GReeeeN 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 13ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

アコースティック・ピアノとエレクトリック・ギターによる落ち着いたアレンジで始まるナンバー(チューニングは半音下げ)。ギターはエレクトリック2本を用い、共に軽くピッキングするとクリーン・トーンになるくらいのわずかな歪みのクランチ・サウンドでプレイする。また、アタック時の音量が大きくなりすぎないようにコンプレッサーをわずかに掛けておくとよい。テクニック的には上段(Guitar I)が主にアルペジオ、下段(Guitar II)がストローク中心となる。アルペジオ時は各弦の音がキレイに重なるように注意しておきたい。尚、[F]の上段ギターは実際にはシンセ音源だが、同時にピアノのメロディーをプレイしていることとのバンド的なバランスを考えて、タブを加えた譜面として記譜してある。[C]では両ギター共にブリッジ・ミュートを使っているので、そのミュート・ニュアンスを決めるべくブリッジ上の右手位置に注意しておきたい。キーボードはピアノとグロッケン風の金属音、ストリングス調の加工音等で構成される。ストリングスは若干アタックが遅れるスロー・ストリングスで代用するのが手っ取り早いだろう。一部2音色が重なる部分があるので、スプリット機能を使って対処しよう。ドラムはイントロ等ハンド・クラップ風音源等を含めたシンセ音を交え、生のドラムでプレイ出来るように若干のアレンジを加えて記譜してある。ハンド・クラップはクローズド・リム・ショットで代用するのが良いだろう。また、タンバリンもサビ等で用いているが、やはり単純な8ビート等であるため、譜面では省略させてもらった。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報