15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

I was doing all right / Les Brown and his Band of Renown 

吹奏楽(フルスコア+全パート) / 中~上級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト Les Brown and his Band of Renown  アレンジ/採譜者 北川 祐 
作曲者 George Gershwin  作詞者  
楽器・演奏スタイル 吹奏楽(フルスコア+全パート) 難易度・グレード 中~上級
ページ数 45ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 楽譜仕事人PAG 有限責任事業組合
タイアップ情報

解説

■編成 Full Score / A.Sx1.2 / T.Sx1(Fl.).2 / B.Sx / Tp.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs [カッコ内は持ち替え楽器]
''I was doing all right (アイ・ウォズ・ドゥーイング・オール・ライト)” は1938年の映画 ”The Golden Follies (ザ・ゴールデン・フォーリーズ)” での George Gershwin (ジョージ・ガーシュウィン) の作曲。その後スタンダード・ジャズとしての長期の活用が続いている。
演奏は Les Brown and his Band of Renown (レス・ブラウン・アンド・ヒズ・バンド・オブ・リナウン) として親しまれた1930年台を始点とする Swing Jazz 時代の高名な人気バンド。 当スコアーは1960年台の秀作で LP ”Play The Gershwin BandBook” によるものだが、 CDではLP2枚が統合されそのアルバム・タイトルは ”Play The Gershwin BandBook+The Explosive Sound of Les Brown” となっている。アドリブ・ソロは Trumpet (採譜)/Tenor Sax 。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

Mumaでは
この商品は取り扱いしておりません

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報