15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

I could write a book / Les Brown and his Band of Renown 

吹奏楽(フルスコア+全パート) / 中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト Les Brown and his Band of Renown  アレンジ/採譜者 北川 祐 
作曲者 Richard Rodgers  作詞者  
楽器・演奏スタイル 吹奏楽(フルスコア+全パート) 難易度・グレード 中級
ページ数 48ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 楽譜仕事人PAG 有限責任事業組合
タイアップ情報

解説

■編成 Full Score / A.Sx1.2 / T.Sx1.2 / B.Sx / Tp1.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs
”I Could Write a Book(アイ・クッド・ライト・ア・ブック)”は1940年、ジーン・ケリー主演のミュージカル ”Pal Joey(パル・ジョイ)”での Richard Rodgers (リチャード・ロジャース)の作曲。その後ジャズのスタンダード・ナンバーとして演奏し続けられている。
演奏は Les Brown and his Band of Renown (レス・ブラウン・アンド・ヒズ・バンド・オブ・リナウン) として親しまれた1930年台を始点とする Swing Jazz 時代の高名な人気バンド。 当スコアーは1960年台の作品で LP ”The Richard Rodgers BandBook” によるものだが、 CDでは LP2枚が統合されそのアルバム・タイトルは ” The Lerner And Loewe BandBook+The Richard Rodgers BandBook” となっている。このアレンジでは最後の18小節を半音上(A)に転調して終わらせているが、ここではあえて転調せずそのままのキーで通している。A:Majorというキーはジャズ・アンサンブルではあまり馴染みの深いキーではなく、スムースな演奏を期すためなのでご理解いただきたい。アドリブ・ソロは Tenor Sax(採譜) 。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

Mumaでは
この商品は取り扱いしておりません

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報