15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Faith / miwa 

バンドスコア / 初~中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト miwa  アレンジ/採譜者  
作曲者 miwa  Naoki-t  作詞者 miwa 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード 初~中級
ページ数 30ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 :ユーキャン:CFソング

解説

※この楽譜は、原曲をアレンジしたものです。フレーズ、曲の構成、調性などが原曲と異なる場合があります。
疾走感溢れるストレートなビートやポップでキャッチーなメロディーが魅力となるロック・ナンバー。ボーカル・パートはコーラスのハーモニーも充実しているのでライブで披露する際はシンガーをもう1人加えると良いだろう。ギター・パートは3パートの構成でいずれもエレクトリック・ギターの演奏が記譜されている。上段パートにはベーシックなバッキングを、中段パートには上段パートと同様のバッキング+リードプレイを、下段パートには1カポのギターを記譜したので参考にしてほしい。本物の編成に忠実にパート分けするなら、ボーカルが上段パートをプレイするのが好ましい。ライブ映像ではmiwa本人もタッピングを披露する場面もあるので、演奏力や余裕度、見栄えを考慮しつつ中段パートのプレイを組み込もう。尚、下段パートの記譜は、上・中段パートが行うコード・ストローク・プレイと対比させるために、よりカッティングに近いニュアンスで概ねパターン化してスコア化している。キーボード・パートはピアノとホーン・セクションから成る2パートの構成となっている。ピアノはシンコペーションが多いので、ドラムやベースなどに合わせてしっかりとアクセントを付けながら演奏しよう。スコアのコード・プレイは概ねパターン化しているので、自分のリズムやフィーリングを交えながら躍動感のある演奏に仕上げてほしい。ホーン・セクションはシンセで代用することが予想されるが本物の迫力を損なわない音やニュアンスでプレイしてほしいものである。ベースは、プラン通りのフレーズで演奏されることが多いのでしっかりとパターンを覚えてしまえば問題ないだろう。逆にドラムは自由奔放な演奏となっているので完コピはとても難しいだろう。こういった場合はリズムの特徴をしっかりと分析して大筋を外さないことだけを考え、自分らしいプレイで対処するのが望ましい。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報