15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

君に出会えたから / miwa 

バンドスコア / 初~中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト miwa  アレンジ/採譜者  
作曲者 Naoki-t  miwa  作詞者 miwa 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード 初~中級
ページ数 17ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 資生堂 SEA BREEZE CFソング

解説

※この楽譜は、原曲をアレンジしたものです。フレーズ、曲の構成、調性などが原曲と異なる場合があります。
爽やかなピアノの旋律や賑やかなパーカッションが醸し出す夏らしい雰囲気がとても印象的なポップ・ナンバー。伸びやかでキャッチーなボーカル&メロディーもさることながら、コーラスのハーモニーもとても充実しているので欠かせないだろう。ライブで披露する際はシンガーを追加して原曲のアンサンブルを再現してほしい。ギター・パートは2パートの構成となっており、上段パートにはアコースティック・ギター(イントロ冒頭のみエレキ)を、下段パートにはエレクトリック・ギターの演奏を記譜した。アコースティック・ギターはこの曲のベーシックなコード・プレイを、エレクトリック・ギターはリード的な要素も多くプレイしている。キーボード・パートは、ピアノを中心としつつ要所でシンセやストリングス系の音色も登場している。ピアノは、全編でコード・プレイを行うものではなく、部分的に印象的な旋律を奏でる役割となっているのだが、ライブ等では、ギターと同じようにコード・プレイも取り入れるスタイルがお勧めだ。尚この曲はシンセ・ベース的なサウンドが多くの部分で用いられているが、役割的にエレクトリック・ベースと重複するためスコアはこのパートの記譜を割愛している。ベースは、この曲を象徴するリズムをプレイしているのでとても重要である。スラップを使う場面でも基調となるリズムは変わらないので、ドラムのスネアに合わせて躍動感を演出してほしい。ドラムは、4つ打ちのキックをキープしつつ、前述のベース同様、両手を駆使してこの曲を象徴するリズムをプレイしている。特に重要なのは右手の刻みとスネアのタイミング&強弱となるので、イントロのプレイを繰り返し練習し、手足の動きをしっかりと身体に染み込ませておきたい。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報