15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

じぶんROCK / ONE OK ROCK 

バンドスコア / 中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト ONE OK ROCK  アレンジ/採譜者  
作曲者 TAKA  作詞者 TAKA 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード 中級
ページ数 16ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 from『Niche シンドローム』

解説

※この楽譜は、原曲をアレンジしたものです。フレーズ、曲の構成、調性などが原曲と異なる場合があります。
重低音を活かすべくドロップDチューニングを使ったナンバーだ。ベースは実際には5弦、もしくは6弦ベースによるLow C音まで用いている、しかし、ギターのアレンジと同様に重点的にLow D音を用いたプレイ・スタイルである点、また、実際に5弦ベースをもっている人が少ないであろう点を踏まえ、ベースもドロップDチューニングとして記譜させてもらったのでご了承願いたい。Low C音を用いているのは、[I]と[L]のみなので、ここはオクターブ上のC音で代用した形で記譜してある。勿論、5弦ベースを持っている人はドロップ・チューニングによるポジションを5弦ベースによる本来のポジションに置き換えて演奏して良い。通常の4弦ベースで原曲通りの音程を再現したい場合は[I]と[L]のみオクターバーを使うか、太いゲージの弦を張って、2音下げチューニングとする手もあるので各熟練度等に応じてそれぞれ対処して欲しい。ギターは[J]のみ3本目のギターが登場しているが、それ以外は全て2本でコピーできるアレンジだ。通常のバンド編成で演奏する場合、[J]部分はカッコ内のギターか、若干音量を抑えた白玉のプレイのどちらかを省略するしかないだろう。エンディング時のギターの音程上昇はスライドとして記譜したが、実際にはミックス時のエフェクト処理かワーミー・ペダルによるモノだろう。ドラム[H]のフロア・タムによるビート・プレイやハイハットのオープン&クローズの使い分け等に注意してプレイしよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報