15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Fly me to the Moon / Count Basie And His Orchestra 

吹奏楽(フルスコア+全パート) / 中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト Count Basie And His Orchestra  アレンジ/採譜者 北川 祐 
作曲者 Bart Howard  作詞者  
楽器・演奏スタイル 吹奏楽(フルスコア+全パート) 難易度・グレード 中級
ページ数 36ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 楽譜仕事人PAG 有限責任事業組合
タイアップ情報

解説

■編成 Full Score /A.Sx1.2 / Fl. /T.Sx / B.Sx / Tp1.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs
”Fly me to the Moon(フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン)” は1954年 Bart Howard(バート・ハワード)の作曲。当初は3拍子でタイトルも ”In other words(イン・アザー・ワーズ) として歌われていたが、1962年に4拍子にアレンジされて以来このタイトルが使用された。そしてフランク・シナトラによる爆発的なヒットを経てジャズ・スタンダードとなり、現在も数多く演奏され続けてている。
演奏は Count Basie and his Orchestra (カウント・ベイシー・アンド・ヒズ・オーケストラ)で、収録は1963年のLP ”This Time by Basie (ディス・タイム・バイ・ベイシー)”。当スコアーの採譜は1961年で同じアルバムによるが、その間、早大ハイソサエティ・オーケストラのレパートリーとして、これも半世紀を超える年月を経ている。原盤でのアレンジは3コーラス目の途中でフェイド・アウトしており、また全体を通じてフルートが大いに活用されている。当楽譜ではエンディングを作成し、またフルートを1本に限定してアンサンブルとソロ(参考採譜)の双方を担当させている。そのため、フルートの負担が大きすぎるようであれば、ソロのみを他の楽器に移し替えるなどの工夫をしていただきたい。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

Mumaでは
この商品は取り扱いしておりません

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報