15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Get Out of Town / Kenny Clarke/Francy Boland Big Band 

吹奏楽(フルスコア) / 中~上級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト Kenny Clarke  Francy Boland Big Band  アレンジ/採譜者 北川 祐 
作曲者 Cole Porter  作詞者  
楽器・演奏スタイル 吹奏楽(フルスコア) 難易度・グレード 中~上級
ページ数 18ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 楽譜仕事人PAG 有限責任事業組合
タイアップ情報

解説

※この楽譜はフルスコアのみです。全パート譜セットとフルスコア+パート譜セットは別売です。
■編成 Full Score / A.Sx1.2 / T.Sx1.2 / B.Sx / Tp1.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs
”Get out of Town(ゲット・アウト・オブ・タウン)” は1938年、自作のミュージカル ”Leave it to me(リーブ・イット・トゥ・ミー)”での Cole Porter (コール・ポーター)の作曲。 以後スタンダード・ナンバーとして演奏され続けている。
演奏は Kenny Clarke/Francy Boland Big Bandという1960~70年代のフランスのバンド。メンバーにはリーダー兼セカンド・ドラムス (主にフィルインを担当) のケニー・クラーク以下数名のアメリカのジャズメンが参加していた。もう一人のリーダーであるフランシー・ボランは、このバンドのすべての作編曲を手がけ、数多くのLPをヒットさせている。この作品もその一つで、1968年のLP(その後同名のCDも発売)”All Smiles (オール・スマイルス)” による。このバンドの特徴はサックス・セクションの変則的な編成(As1/Ts3/Bs)だが、このスコアーではスタンダードな5Saxで書かれている。当アレンジはそのサックス・セクションのソリを中心とした構成で、アドリブ・ソロはTrombone ,Trumpet(ともに採譜).。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

価格 ¥1800

セブン‐イレブンでの価格・購入方法を見る

ローソンでの価格・購入方法を見る

ファミリーマートでの価格・購入方法を見る

サークルKでの価格・購入方法を見る

サンクスでの価格・購入方法を見る

楽器店のMumaで購入・印刷!

Mumaでは
この商品は取り扱いしておりません

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報