15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

This Could be the Start of Something Big / Count Basie And His Orchestra 

吹奏楽(フルスコア) / 中~上級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト Count Basie And His Orchestra  アレンジ/採譜者 北川 祐 
作曲者 Steve Allen  作詞者  
楽器・演奏スタイル 吹奏楽(フルスコア) 難易度・グレード 中~上級
ページ数 24ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 楽譜仕事人PAG 有限責任事業組合
タイアップ情報

解説

■ 編成 Full Score /A.Sx1.2 /T.Sx 1.2/ B.Sx / Tp1.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs
” This Could be the Start of Something Big (ディス・クッド・ビー・ザ・スタート・オブ・サムシング・ビッグ)” は1954年, テレビ・ミュージカル ”The Bachelor (ザ・バッチェラー)”でSteve Allen (スティーブ・アレン)の作曲したポピュラー・ソング。スティーブ・アレンは映画俳優としても高名で、ベニイ・グッドマン物語での主役は特に有名だが、作曲家としてもよく知られている。その後1956年には作家本人の演ずるテレビ・トーク・ショーのテーマとして起用され、同時にジャズ・スタンダードとしても数多く演奏され続けてている。
演奏は Count Basie and his Orchestra (カウント・ベイシー・アンド・ヒズ・オーケストラ)で、収録は1963年のLP ”This Time by Basie (ディス・タイム・バイ・ベイシー)”。当スコアーの採譜は1964年で早大ハイ・ソサエティ・オーケストラの依頼による。アドリブ・ソロはPf.とT.Sx(採譜)。原盤はかなりのアップテンポで演奏されているが、これにこだわることなく演奏しやすいテンポで楽しんでいただきたい。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

Mumaでは
この商品は取り扱いしておりません

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報