【夢をカタチに委員会】発足!『憧れのmaoさんに会って感謝がしたい!』を実現♪
前のページへ戻る

Start Again / ONE OK ROCK 

バンドスコア / 初~中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト ONE OK ROCK  アレンジ/採譜者  
作曲者 TAKA  Colin Brittain  Nick Long  作詞者 TAKA  Colin Brittain  Nick Long 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード 初~中級
ページ数 15ページ  別売演奏データ(MIDI) -
制作元 ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

[J]のGuitar Iは、2小節で1パターンのアルペジオ・プレイ。4弦10fを小指、3弦9fは薬指、2弦8fは中指、1弦7fは人差指で押弦し、このフォームを崩さずに最後まで弾き切ろう。また、ピッキング・パターンは、4弦10f、3弦9f、1小節目1拍目裏の2弦8fをダウン、それ以外は全てアップ・ピッキングで弾こう。Guitar IIはアルペジオを使ったメロディアスなプレイが印象的。音を伸ばす箇所ではGuitar I段にカッコで表記されているGuitar IIIを弾くようにすると良いだろう。ベースはルート弾きを中心としたオーソドックスなプレイ。8分のリズムでルート音を刻む箇所は、なるべくテヌートで弾くように心がけておくと原曲のニュアンスに近づけるだろう、また、動きの少ないラインが多いので、ピッキングの強弱によってしっかりとグルーヴ感を演出し、単調な演奏にならないように気をつけておこう。[G]、[H]のドラムのキック4つ打ちは、バンド全体のリズムの指針となるプレイ。リズム・キープを意識してプレイしよう。[I]のドラムはフラム奏法を多用したユニークなプレイ。フラム奏法は、先に叩く音が装飾音となるので弱目に叩き、後に叩く音は主音となるのでリズムに合わせ強目に叩くのがポイントだ。キーボードはシンセやSEを中心とした、曲のアクセント的な使い方が多い。SEなどは省略しても問題ないので、Keybord Iを中心にしながら、適宜Keybord IIを省略していけば、キーボード・プレイヤーが1人でも十分に演奏可能だろう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

自宅のプリンタですぐに印刷!

価格¥540

数量 

楽譜データをカートに入れる

購入方法

近くのコンビニで購入・印刷!

価格 ¥640

セブン‐イレブンでの価格・購入方法を見る

ローソンでの価格・購入方法を見る

ファミリーマートでの価格・購入方法を見る

サークルKでの価格・購入方法を見る

サンクスでの価格・購入方法を見る

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報