15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

ドキドキしよう / シーラカンズ 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト シーラカンズ  アレンジ/採譜者  
作曲者 奥田 民生  作詞者 奥田 民生 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 12ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 映画「僕らのワンダフルデイズ」劇中歌

解説

ギターはチョーキングを多用したロック色の強いパターンが多い。各1音チョーキング( C と表記)はそれぞれしっかり1音分音程を上げられるようにチェックしておきたい。クォーター・チョーキング( Q.C と表記)はブルース等で多く用いられる半音に満たない程度に音程を上げるテクニックだ。微妙なニュアンスなので、原曲を参考に雰囲気を真似てみよう。ギター・ソロ部分、[E]の7、8小節目の16分フレーズは、16分オルタネイト・ピッキングのパターンを守って正確なリズムを演出したい。7小節目の3拍目はダウン→プリング(アップの空振り)→ダウン→アップというようにプリング時に空ピック(空振りのピッキング)を使うのがポイントだ。[F]4小節目は3弦4fを薬指でチョーキングし、その状態のまま小指で1、2弦5fを押弦する。6小節目も同様に3弦4fをチョーキング状態のまま、人差指にて1、2弦2fを押さえよう。オルガン、ベースとギターのバッキングは曲冒頭のような8分連打と4分休符によるキメが非常に多く登場するので、しっかりタイミングを合わせる点に注意。ギター、ベースは[C]等のスタッカートで各音を短く切ってキレを出す点等にも気を付けたい。ドラムは[C]の各拍アタマでスネアを叩くパターンにて8分ウラのキックのタイミングに注意したい。オモテ拍をしっかり意識しておくことが大切だ。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報