15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

新世界 / WEAVER 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト WEAVER  アレンジ/採譜者  
作曲者 杉本雄治  作詞者 河邉徹 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 16ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

壮大なストリングス・セクションが曲全体を優しく包み込む、透明感溢れる美しいナンバー。静と動のコントラストを上手く表現しながら演奏すると良いだろう。バンド全体で音量のコントロールに気を配りたい。ピアノは、ピアノのソロで始まる[Intro.]は、リズムが走らないようにテンポ・キープを心掛けて流れよく弾こう。[A]では、ベースが入ってくるまではコード感が薄れがちなので、左手の低音はしっかりとしたタッチで押さえて、ボーカルをサポートする。[B]の右手の刻みはアクセントの位置をしっかり覚えて、サウンド全体にメリハリを付けたい。ベースは、付点の付く音符を含むフレーズが多いので、音の長さをしっかり確認しておこう。伸ばす音はしっかり伸ばし、休符はしっかり休みことでメリハリのある演奏を心がけたい。[E]はピアノ、シンセと噛み合ったフレーズなので互いに息を合わせ、ミス・トーンのないよう丁寧に演奏しよう。ルート弾きがメインとなる部分では、気を抜かずリズム・キープに徹したい。ドラムは、[A]のスネア部分の「×」で示された音譜は「リム・ショット」と呼ばれる。これはスティックをスネア上に寝かせた状態で構え、スネアの縁(リム)をコツコツと叩く奏法だ。リム・ショットから通常のグリップに戻る際は、スムーズなスティックの握り直しを意識しよう。[G]7~8小節目のキメはハイハットのオープン&クローズを交互にするのだが、これはキックとハット、つまり右足と左足を交互に踏めば良い。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報