15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

昏睡クラブ / People In The Box 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト People In The Box  アレンジ/採譜者  
作曲者 People In The Box  作詞者 Hatano 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 14ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

この曲のギターは、原曲では1音半上げのチューニングであるが、スコアにおいてはカポを3フレットにつけて記譜してある。ギターの譜面だけEmのキーになっているのは、このカポに合わせているためだ。使われているギターは2本ともにエレクトリック・ギターなのだが、そのサウンドはナチュラルでクリアなものが基本として使われており、どちらかというと、アコースティックに近いようなサウンドでプレイされている部分が多いようだ。[Intro]から弾かれているギター1のコードなどは開放音が使えるため、非常に豊かなコード・サウンドとなっている。この曲は最初の部分はアップ・テンポの4拍子で演奏されているのだが、[B]の直前や[H]など、3拍子の部分もあり、この拍子の変化に気をつけてプレイする必要があるだろう。基本的なビートを正確にキープしながら、拍子の変化にスムースに対応させる事が大切なポイントとなりそうだ。この曲は、かなりユニークなコード進行の部分が多く、コード・チェンジもかなり忙しい部分が多くあるようだ。左手のフィンガリングやポジション移動をスムースに行うことも必要だが、フレットをしっかりと押さえ、常にきれいなコード・サウンドを聴かせるようにプレイしてもらいたい。Hの部分の4~5小節目で弾かれているギター2のリフはファズを使ったサウンドでのプレイだ。音量は小さなフレーズなのだが、ここはエフェクターを使って少しハードなサウンドでプレイするようにしよう。[I]の部分は2本ともにハードなサウンドだ。ここは音量も上げてパワフルな演奏となっている。フィード・バック奏法も行なわれており、ここは、やはりエフェクターを使ってサウンド・メイキングを行うようにしたい。ギターは曲調にあわせてそのサウンドをうまくコントロールすることがこの曲のポイントと言えるだろう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報