15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

/ 阿部 真央 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト 阿部 真央  アレンジ/採譜者  
作曲者 阿部 真央  作詞者 阿部 真央 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 19ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

アコースティック・ギターとエレキ・ギター2本でのアレンジとなっている。バンドで演奏する際には、アコースティック・ギターを、クリーン・トーンのエレキ・ギターで代用するといいだろう。エレキ・ギターは[Intro II]や[B]で弾くメロディーと、ストロークを中心としたコード・プレイに大別できる。メロディーを弾く時は、ブースターを使ってサスティンの十分ある音色、コード・プレイは軽く歪を加えたクランチ・サウンドで弾く事が出来るように、音色を切り替えられるようにしておこう。コードは1、2弦の開放弦を利用したフォームを使用する事がある。開放を鳴らす際には、人差指で1、2弦を触ってしまい易いので、指を回り込ませるように構え、ミュートしてしまわないように注意しておこう。キーボードはピアノのメロディを中心としたプレイ。[Intro I]のみ、シンセ2本のプレイとなっているが、バンドでプレイする際、Synth.IIは省略してしまってもいいだろう。ピアノはリバーブとディレイを軽くかけた音色で、主張しすぎない音量で弾こう。ベースは各メロ毎に、4小節のパターンがハッキリしているため、各パターンをしっかり覚えて弾くように。[D]の異弦同フレット間のプレイは、3弦(中指)と4弦(人差指)の音が重ならないように、1音ずつ押さえ直しながら押弦しよう。人差指と中指のタイミングをしっかり合わせ、重なりや音切れがないように確認しながら練習してもらいたい。ドラムはスネアの4分打ちで終止刻むパターン。スネアのアタックにバラつきがでないように、常時力を抜いておくことが大切。特に曲の前半だけ勢いがよく、後半につれてスネアが弱くなり易いので注意しておこう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報