15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Hello / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 flumpool  作詞者 flumpool 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 16ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

オルガンとストリングスは同時に演奏されている部分が少ないので、キーボーディスト一人の場合は、音色を切り替えながらプレイしよう。イントロではベースのダブル・ストップが多用されている。複弦を押弦するのに多少握力も必要なので、各弦の音がしっかりでるように、指先に力をいれて押さえるように気を配っておこう。ギター・パートは上・下段から成る2パート構成で、上段パートにはコード・ストロークを中心としたベーシックなバッキング・プレイ、下段パートにはアルペジオやリード的なプレイを記譜した。[A]の下段パートは、3弦12fを2本押さえたまま弾くことになる。プレイ的にはアルペジオに近いニュアンスで弾けばいいので、2、3弦の音が重なってしまってOK。人差指は出来るだけ動かないように、特に小指で15fを押弦する際に指がずれやすいので、注意しておこう。各ギター・パートで多用されている、4弦と2弦によるオクターブ奏法は、リード、サイド共に重要なプレイなので、しっかりマスターしておこう。気を付けておきたいミュートだが特に6弦。これは中指、薬指でミュートする事になるが、この力加減にはかなりの慣れが必要。必要な音だけが出るように力加減を掴んでおこう。ドラムのハイ・ハットで刻むシンコペがリズムのポイント。[A]と[B]のリズム・パターンをよく練習しておこう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

Mumaでは
この商品は取り扱いしておりません

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報