前のページへ戻る

演奏お役立ち情報

楽器入門

管楽器入門

木管楽器

リードや空気の振動で音をつくり出す管楽器を「木管楽器」といいます。
音楽の授業でおなじみの「リコーダー」も木管楽器に属します。
ここでは、代表的な木管楽器の種類についてご紹介します。

フルート
■フルート

フルートといえばinCのフルートが一般的で、木管楽器の中でも高い音域を担当します。
唄口から吹き込まれる空気流(エアリード)を振動させることで音が鳴り、それを楽器が増幅させます。
吹き込んだ息の半分は外へ出てしまうため、たっぷり息が必要なのも特徴です。

クラリネット
■クラリネット 

クラリネットの中でもっとも一般的なのがB♭クラリネットです。
マウスピースに取り付けたリードを震わせる事で音がでる楽器で、ほとんどのものが天然の木材と精密な金属パーツからできています。
また、音域が広いのが特徴で、吹奏楽では主に主旋律を担当します。

オーボエ
■オーボエ

2枚のリードを合わせた「ダブルリード」の楽器です。
他の楽器に比べて音色にとても特徴があり、遠くで聞いているとアルト歌手が歌うように聞こえてくると言われています。
管体はとても細く、円錐形をしています。

サックス
■サックス(サクソフォン)
 

サックスを代表するのが、E♭のサックスでバランスがよく、表現力も豊かであり、
ソロ楽器として使われています。
その音色は、色々な変化や音楽上の要求にもよくこたえられ、音量もあり操作性も優れているので、クラシックからポピュラーまで幅広く活躍しています。吹奏楽でも欠かせない存在です。

必ず役立つ吹奏楽ハンドブック」(丸谷明夫・監修 ヤマハミュージックメディア・刊)

はじめての管楽器メンテナンスブック 木管楽器編」(山領茂・著 ヤマハミュージックメディア・刊)より一部を転載

金管楽器

唇を振動させることによって音を鳴らす管楽器です。管体は金属でできています。
ここでは、代表的な金管楽器の種類についてご紹介します。

トランペット
■トランペット

オーケストラや吹奏楽、ポップス、ジャズなどで一般的に使われているのがB♭トランペットです。
金管楽器の中でも特に目立つ花形楽器で、メロディーを担当するほか裏方に回っても重要な役割を果たします。

ホルン
■ホルン

ホルンには、大きく分けてシングルホルンとダブルホルンがあります。
トランペットがB♭管で代表されるのと同じように、ホルンではシングルホルンのF管が音の豊かさ、バランスなどが最も優れていて基本とされています。

トロンボーン
■トロンボーン

トロンボーンは、スライドで音程を変えるただ1つの金管楽器です。トロンボーンのスライドは外管と中管の二重構造になっており、このスライドを動かして楽器の長さを変えることで、音程を連続的に変えることができます。
B♭のテナートロンボーンが一般的ですが、楽譜は実音で主に低音部譜表に記譜されます。

必ず役立つ吹奏楽ハンドブック」(丸谷明夫・監修 ヤマハミュージックメディア・刊)

はじめての管楽器メンテナンスブック 金管楽器編」(山領茂・著 ヤマハミュージックメディア・刊)より一部を転載

楽譜の読み替え表

各楽器の楽譜はその楽器に合わせて移調されています。
実音(inC のピアノの音と同じ)で「ド」のとき、B♭管のクラリネットは「レ」。F管のホルンは「ソ」。
スコアを見るときや合奏中に他の楽器が実音の何の音を吹いているのか知りたいときに、読み替えられるようにしましょう。

■表の見方

①自分の吹く楽器を左側から探します。
②その列から自分が吹く音を探します。
③縦の同じ列から、他の楽器はどの音になるかがわかります。

実音

C
Cis(Des)
ド♯
(レ♭)
D
Dis(Es)
レ♯
(ミ♭)
E
F
ファ
Fis(Ges)
ファ♯
(ソ♭)
G
Gis(As)
ソ♯
(ラ♭)
A
Ais(B)
ラ♯
(シ♭)
H
C
inC
ピッコロ
フルート
オーボエ
ド♯
(レ♭)
レ♯
(ミ♭)
ファ ファ♯
(ソ♭)
ソ♯
(ラ♭)
ラ♯
(シ♭)
inB♭
クラリネット
トランペット
レ♯
(ミ♭)
ファ ファ♯
(ソ♭)
ソ♯
(ラ♭)
ラ♯
(シ♭)
ド♯
(レ♭)
inE♭
アルトサックス
ラ♯
(シ♭)
ド♯
(レ♭)
レ♯
(ミ♭)
ファ ファ♯
(ソ♭)
ソ♯
(ラ♭)
inF
ホルン
ソ♯
(ラ♭)
ラ♯
(シ♭)
ド♯
(レ♭)
レ♯
(ミ♭)
ファ ファ♯
(ソ♭)

必ず役立つ吹奏楽ハンドブック」(丸谷明夫・監修 ヤマハミュージックメディア・刊)

前のページへ戻る このページの先頭へ戻る