欲しいあの曲の楽譜を検索&購入♪定額プラン登録で見放題!

  • 楽譜

    I didn't know what time it was(全パート譜セット)(Les Brown and his Band of Renown) /ビッグバンド(パート) 中級

    Les Brown and his Band of Renown

    ビッグバンド(パート)  / 中級 

    • DL
    • Muma
    ¥3,630 (税込)
    • 気になる
楽譜サンプルを見る

商品詳細

曲名 I didn't know what time it was(全パート譜セット)
アーティスト Les Brown and his Band of Renown 
作曲者 Richard Rodgers 
アレンジ/
採譜者
北川 祐 
楽器・演奏
スタイル
ビッグバンド(パート)
難易度・
グレード
中級 
ジャンル ジャズ・フュージョン 
制作元 楽譜仕事人PAG LLP
解説

※この楽譜は全パート譜セットです。フルスコアとフルスコア+パート譜セットは別売です。
■編成 A.Sx1(S.Sax).2 / T.Sx1.2 / B.Sx / Tp1.2.3.4 / Tb1.2.3.4 / Gt / Pf / Bs / Drs [カッコ内は持ち替え楽器]
※このファイルでのパート譜は、A3見開きの連続印刷にも対応させるため、その順序をスコアあるいは上記の楽器編成の順序とは違ったものとしております。
” I didn't know what time it was (アイ・ディドゥント・ノウ・ウォット・タイム・イット・ウォズ )” は、1939年のミュージカル ”Too Many Girls(トゥー・メニー・ガールズ)” での Richard Rodgers (リチャード・ロジャース)の作曲。その後ジャズ・スタンダード・ナンバーとしてベニー・グッドマンやアーティー・ショーなどによって演奏されているが、1957年の映画 ”Pal Joey(パル・ジョイ)” ではフランク・シナトラが歌っている。
演奏は Les Brown and his Band of Renown (レス・ブラウン・アンド・ヒズ・バンド・オブ・リナウン) として親しまれた1930年台を始点とする Swing Jazz 時代の高名な人気バンド。 当スコアーは1960年台の作品で LP ”The Richard Rodgers BandBook” によるものだが、 CDでは LP2枚が統合されそのアルバム・タイトルは ” The Lerner And Loewe BandBook+The Richard Rodgers BandBook” となっている。このアレンジはアップ・テンポのスイングで、アドリブソロはすべて採譜されているが、Trumpetに加えてTenor SaxとE.Guitarによる各4小節の掛け合い(フォー・バース)も組み込まれている。

楽譜ダウンロードデータ

ファイル形式 PDF
ページ数
33ページ
ファイル
サイズ
860KB
  • この楽譜の他の演奏スタイルを見る
  • この楽譜の他の難易度を見る
シェアする

特集から楽譜を探す

みんなが見ている定額プランの楽譜TOP30!楽譜見放題人気ランキング! みんなが見ている定額プランの楽譜TOP30!楽譜見放題人気ランキング!
ピアノソロ やさしく弾ける おさえておきたい!2021年ベストヒット ~上半期編~ ピアノソロ やさしく弾ける おさえておきたい!2021年ベストヒット ~上半期編~
在宅支援キャンペーン「おうち音楽」 2021年こそはじめたい!ピアノ入門 在宅支援キャンペーン「おうち音楽」 2021年こそはじめたい!ピアノ入門
K-POP特集 K-POP特集
課題曲をマスターして目指せ!保育士さん♪ 課題曲をマスターして目指せ!保育士さん♪