15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

楽譜サンプルを
大きいウィンドウにて表示

絞り込み条件を変更する

弾いちゃお検索

僕は偶然を待っているらしい / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 14ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

ギターはエレクトリック2本以上とアコースティック1本の計3本以上ダビングしているようだが、アコギは曲の一部分に限られる上、同時に弾かれたエレキのバッキングとほぼ同様の内容であるため、譜面では省略させてもらった。譜面通りにエレキ2本でコピーすれば原曲の雰囲気はしっかり出せるはずだ。音色は2パート共にクリーン・トーンのニュアンスが残る程度のクランチ・サウンドを基本とするが、上段(Guitar I)の[A]5小節目~[B]や[G]、[J]、[N]のオクターブ奏法部分は音量と歪みを若干増しておきたい。上段パートはやや強めの歪みにしておき、歪み系エフェクトの前に繋いだボリューム・ペダル等で上記オクターブ部分以外の音量及び歪みを抑えても良いだろう。また、[E]の上段はダルセーニョ後のみ(ミックス時の加工により)リバース・サウンドとなっているため、ここもボリューム・ペダル等でシミュレートしてみよう。テクニック的には[A]等のアルペジオのリズムや各弦の音をキレイに重ねる点、オクターブ奏法時の不要弦のミュート等に注意。また、下段パート(Guitar II)も含め、開放弦がからむコード・フォームにも気を付けたい。ベースは8分のルート弾を中心にしたシンプルなプレイは多く、ビギナーも手軽にコピーできるだろう。全体的なリズム・キープ、[I]の16分及び休符を含んだキメのタイミングに注意しておこう。ドラムも比較的シンプルなリズム・ワークだが、ベース同様のキメやハイハット・オープン&クローズの表現、オカズ時にリズムが狂わないように注意だ。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報