15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

車窓 / flumpool 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト flumpool  アレンジ/採譜者  
作曲者 阪井 一生  作詞者 山村 隆太 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 11ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

当ナンバーはアコースティック・ギターに合わせて半音下げチューニングで記譜している。エレクトリック・ギターやベースは開放弦を使っていないため、恐らくレギュラー・チューニングであろうが、単純に1フレット分下げて弾くことで対処できるため、便宜上キーを統一させてもらった。キーボードもトランスポーズさせる点に注意しておきたい。ギターはアコギ2本を基本とし、[I]のギター・ソロ部分にのみエレキをダビングしている。上段(Guitar I)に記譜したアコギは[A]等のみの部分的なプレイなので、[I]のエレキパートと共にエレキのクリーン・トーンを使ってプレイしても良いだろう。但し、ソロはトレモロをしっかり効かせて原曲同様の特徴あるサウンドを演出させよう。下段(Guitar II)は当ナンバーの核とも言える開放弦をからめたテンション感のあるアルペジオなので、アコギらしい音を演出すべくセッティングをしたい。エレアコのピエゾ・ピックアップから拾った音を使う場合も、出来ればボディーから響く生音もマイクで拾ってミックスさせるのがベターだ。キーボード段には味付け程度にうっすらと加えられたシンセ音とグロッケン、ウィンド・チャイムを記譜した。あくまでアコギをメインとして全面に出したアレンジであるため、キーボーディストがいないバンドは無理して再現することもないだろう。ベース&ドラムはスロー・テンポなのでしっかりリズム・キープする事をまずは優先したい。給付やロング・トーンの部分も出来るだけ身体に細かいリズムを刻んでおくと良いだろう。尚、コード・ネームは基本となる4和音までの表記とし、細かいテンションを加えずに記譜しているのでご了承願いたい。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報