15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

楽譜サンプルを
大きいウィンドウにて表示

絞り込み条件を変更する

弾いちゃお検索

レット・イット・ゴー~ありのままで~(劇中歌) デュエットパート譜付 

フルート

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト   アレンジ/採譜者  
作曲者 Kristen Anderson-Lopez and Robert Lopez  作詞者 Kristen Anderson-Lopez and Robert Lopez  日本語詞:高橋 知伽江 
楽器・演奏スタイル フルート 難易度・グレード
ページ数 14ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 Disney映画『アナと雪の女王』より

解説

※この楽譜は、日本語版を元に編曲しています。海外版とは一部異なる部分がございますのでご了承ください。
※この楽譜は、ピアノ伴奏譜付きです。[ソロ]は、冒頭は静かですが、あたたかな音色で始めましょう。スラーの中の同じ音は発音します。(テヌートを付けてあります)映画の主人公エルサの所作を真似るかのごとく、発音に表情が欲しいところです。たくさんのシンコペーションのリズムやタイ([B]など)は、あまり厳密に吹こうとするのではなく、むしろ浮遊感を出して歌い上げます。[C]はその前のクレッシェンドから一旦トーンダウンして(でも熱く!)mpで吹きますが、[I]の場面は全力で歌います。ヴィブラートはたっぷりかけます。終わりから5小節前のEs音の伸ばしは音程が高くなりやすいですが、気をつけつつクレッシェンドし、最後のmpのフレーズはエルサの語り口調と同じくさりげなく吹きます。「少しも寒くないわ♪」という歌詞を、フルートで語れるようなカッコいいエンディングを目指してください![デュエット]は、[B]の8小節前から二人で重なりますが、少し弱く始めてフレーズの中心に膨らみを持たせます。[B]の5小節目からも同様にシンコペーションの動きをぴったり合わせ、しなやかに吹きましょう。発音に関してはソロの方と同じく、スラー内の同じ音は発音するので、テヌートを付してあります。[D]の2小節前からのスタッカートは跳ねて軽く吹き、スラーの歌うフレーズとの違いを出します。[E]からの[F]へのフレーズ、そして[H]から[I]へのフレーズはそれぞれ4小節ずつ段階的に変化しながら盛り上げていきたいところです。急に大きくならないように、二人で徐々にクレッシェンドしていきましょう!(監修:立花千春)

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!
  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報