【夢をカタチに委員会】発足!『憧れのmaoさんに会って感謝がしたい!』を実現♪
前のページへ戻る

Taking Off / ONE OK ROCK 

バンドスコア / 初~中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト ONE OK ROCK  アレンジ/採譜者  
作曲者 TAKA  Dan Lancaster  Nick Long  作詞者 TAKA  Dan Lancaster  Nick Long 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード 初~中級
ページ数 12ページ  別売演奏データ(MIDI) -
制作元 ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 映画『ミュージアム』主題歌

解説

Guitar Iの[A]4小節目は、6弦8fを中指、4弦10fを小指、3弦7fを人差指で押弦し、そのフォームを維持したままグリップごとロー・ポジションに移動させる。中指が6弦3fの位置にくるまで左手を移動させたら、6弦3fを中指、4弦5fを小指、3弦2fを人差指で押弦しよう。[A]のGuitar IIは、常にブリッジ・ミュートをかけ単音をパーカッシブに発音させる。この手のプレイは、常に16分のリズムで右手を振りながら、発音する箇所でタイミング良く押弦するのがポイント。発音しない時は左手でしっかりと弦をミュートしておこう。[G]の2~4小節目のベースは、ブラッシング音を絡めたリズミカルなプレイ。×のタイミングで、押弦している左指の力を抜き、素早く指先を弦に触れさせミュートをする。出来る限り左指の力を抜いて押弦するようにすると、押弦とミュートを素早く切り替えることが出来る。[Intro.II]、[C]のドラムは、タメの効いた後ノリのリズムが印象的だ。要所要所で16分の細かいフィルが入るが、4分で刻むクラッシュ・シンバルをリズムの軸とし、ゆったりと大きくリズムを感じながら叩くのがポイントだ。キーボードはコード・プレイを主体とし、バンド・サウンドに厚みを加えている。コード感を支える重要なパートとなるので、しっかりとコード進行を頭に入れてプレイしよう。また、この曲では、ボーカル段に上ハタで表記されたコーラスもアレンジ上重要な要素となる。コーラスパートを歌う人間がいない場合は、キーボードでコーラスパートの音を拾ってしまっても良いだろう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

自宅のプリンタですぐに印刷!

価格¥540

数量 

楽譜データをカートに入れる

購入方法

近くのコンビニで購入・印刷!

価格 ¥600

セブン‐イレブンでの価格・購入方法を見る

ローソンでの価格・購入方法を見る

ファミリーマートでの価格・購入方法を見る

サークルKでの価格・購入方法を見る

サンクスでの価格・購入方法を見る

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報