15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

楽譜サンプルを
大きいウィンドウにて表示

絞り込み条件を変更する

弾いちゃお検索

僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~ / WEAVER 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト WEAVER  アレンジ/採譜者  
作曲者 奥野 翔太  作詞者 河邉徹 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 23ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 au「LISMO!」CMソング

解説

透明感溢れるピアノのアルペジオ・サウンドを暖かく包み込むギター&ストリングスのアンサンブルが印象的な[Intro.]。まさに“永遠”の始まりを感じさせるサウンドで幕を開けるミディアム・テンポの8ビート・ナンバーだ。ピアノは、[Intro.]やエンディングはピアノのみのソロ・プレイ。ピアニストの腕の見せどころであるのだが、ベースとドラムも休みになるためリズムが乱れ易いところでもある。リズム・キープのポイントは、常に正確な8分音符を左手で刻むこと。シンコペーションを含むフレーズが多いので、左手のリズムが安定してきたところで右手のフレーズを重ねる、といった練習法を試してみよう。ベースは、曲全体を通して8分弾きのパターンがメインとなる。このようなシンプルな8分音符の連続というのは、ただ弾くだけなら簡単でも、“ノリ”を出すのが意外と難しい。リズムを正確にキープしながらプレイする事も大切だが、音の粒をきっちり揃えて弾くことが最も重要なポイント。ピッキングの強さや、音の長さなど、ひとつひとつの音に耳を澄ませ丁寧にプレイしよう。ドラムは[Intro.]4小節のスネアからスタートしている。たった一発のスネアではあるものの、曲の始まりの合図となる立派なフィル・イン!ピアノのアルペジオ・フレーズに耳を傾けながら、元気良くビシっ!と叩こう。曲全体を通してシンプルな8ビートのリズム・パターンで構成されている。このような曲ではハイハットを刻む右手のコントロールに気を配りたい。強・弱・強・弱~といった感じでメリハリのあるスティックさばきがグルーヴ感を増強する。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報