15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

Sea of Lights / Luminous Orange 

バンドスコア

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト Luminous Orange  アレンジ/採譜者  
作曲者 竹内 里恵  作詞者 竹内 里恵 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード
ページ数 20ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報

解説

この曲は4分の4拍子と4分の6拍子の組み合わせで構成されている。拍子の変化と各小節の頭をしっかりと意識し、全員が息を合わせてメリハリのある演奏をするのが成功の鍵となる。ボーカルは、単語の各音節にアクセントをしっかり置き、曲全体に弾むようなリズム感をプラスするよう心がける。ボーカルのハーモニーは各[A]で微妙に違うので注意する。メインボーカルと息を合わせ、ギターの和声も感じながら、響きあうように意識して歌う。ギターはギター1と2が骨組みを作っていて、ギター3はエクストラ的ポジションである。ギターが2人の場合は、ギター1と2を演奏するとよい。ギターによる、効果音風のノイズからスタートする。これらは、フィードバックをフィルターにかけてアーミングしているものと、アームを揺らした時に生じる金属ノイズであるが、ここは自由にプレイすれば良い。ギター1のアルペジオフレーズから[Intro]のスタートだ。3弦開放の[G]ナチュラルの音を使って、かなりの不協和音がプレイされている。ここはアームを握りながらビブラートをかけ、不穏な空気を醸し出すように弾くことがポイントだ。2小節目からスタートしているギター2も、微妙にビブラートのかけられたサウンドとなっている。これもアームを使って音を揺らすと良いだろう。6小節目からスタートしているギター2は3弦と5弦のオクターヴに6弦で4度下を足したものだ。間の4弦など、不要な弦は左手の指でしっかりとミュートしておくことが必要だ。[A]の3小節目、ギター1と2が弾いている×印の音はミュートした弦をピッキングしている「ブラッシング」の音だ。ここは1~3弦の12フレットあたりを使って、ハーモニクスを含む少し高いノイズが鳴るようにプレイしよう。[B]の直前で鳴っている様なギター3のノイズも、自然に鳴ったフィード・バック音を使ったものを効果音として生かしている。基本的なリズムは8ビートだ。ドラムは8ビートのパターンをメインに叩いているが、[D]の部分など、16分音符の連続でかなり細かいドラミングも行なわれている。ここはリズムがもたつかないように、スピード感のあるプレイをしよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

  • コンビニでは
    この商品は取り扱いしておりません

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報