15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

風は吹いている / AKB48 

バンドスコア / 初~中級

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト AKB48  アレンジ/採譜者  
作曲者 河原 嶺旭  作詞者 秋元 康 
楽器・演奏スタイル バンドスコア 難易度・グレード 初~中級
ページ数 12ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 GREE「AKB48ソーシャルゲーム」/ヒーローズ「月間HERO'S創刊キャンペーン」/バンダイナムコゲームス「太鼓の達人」CFソング

解説

16ビートのシャッフル。強い跳ね具合ではないので、イーブンになりやすい箇所も多い。特に付点8分の絡んだリズムは、リズムが重たくなり易い。CDをよく聴いて跳ねのニュアンスをしっかりコピーしておこう。ギターは曲を通してアコースティック・ギターによるプレイが中心となる。シャッフルのノリが一番出ているパートなので、刻みのリズムで曲全体の印象が決まってしまう。跳ねのリズムを意識してプレイしよう。各16分休符は、右手のミュートを併用して、確実に音を止めるようにしたい。特に、全パート合わせてのキメとなるサビの終わり最後の1小節は、リズムをきっちり合わせたい所。アップ・ピッキングの連続となる頭2拍は突っ込み易く、続く3拍目のB7がもたり易いので気をつけておこう。キーボードはオルガン、ブラス、ストリングスと音色を切り変えながらのプレイとなる。オルガンは特に重要で[D]のソロ・プレイで、荒々しさがでるような音色をチョイスしておこう。B4+レスリー・スピーカーで出す、ロック・バンドらしいサウンドだといいだろう。ベースはオクターブを使った刻みが中心のプレイとなる。左手のフォームは固定したままポジション移動する。大きなポジション移動でも、左手のフォームが崩れないようにしよう。ドラムはビート感をだすより、4分打ちのキックで淡々とリズムをキープする事に専念するプレイ。ハイハットの細かい刻みは、多少ラフでもいいので、キックをしっかりテンポに合わせ、バンド全体のテンポを支えるように叩いてみよう。

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

価格 ¥600

セブン‐イレブンでの価格・購入方法を見る

ローソンでの価格・購入方法を見る

ファミリーマートでの価格・購入方法を見る

サークルKでの価格・購入方法を見る

サンクスでの価格・購入方法を見る

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥540

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報