15th ANNIVERSARY ぷりんと楽譜
前のページへ戻る

楽譜サンプルを
大きいウィンドウにて表示

絞り込み条件を変更する

弾いちゃお検索

月の光 (監修:清塚 信也) 

ピアノ(ソロ)

この商品をお気に入りリストに追加する

アーティスト   アレンジ/採譜者  
作曲者 Claude Achille Debussy  作詞者  
楽器・演奏スタイル ピアノ(ソロ) 難易度・グレード
ページ数 6ページ 別売演奏データ(MIDI) -
制作元 株式会社ヤマハミュージックメディア
タイアップ情報 映画「さよならドビュッシー」より

解説

ドビュッシーという作曲家は、「印象派」と称されます。1900年以降のフランスを中心とした表現法によく名付けられる言葉なのですが、彼ら印象派は、音楽において音だけでなく、自然現象や空気感など、音以外の要素も取り入れました。
ドビュッシーの月の光は、「月の光そのもの」を表した音楽であり、それは音を聴きながらも同時に、月の光を「観る」事が出来る音楽なのです。なので、とても繊細に、とても神経質に、デリカシーをもって弾かなくてはいけません。
今回、この楽譜では面白い指使いをオーソドックスな指使いの横に記載しておきました。例えば曲冒頭の右手、2と4で弾く和音が連続しています。普通なら「これじゃあ音と音が繋がらない」と先生に怒られるところですが、僕は敢えてこの指使いでいつも弾いています。今のピアノは昔のピアノとは違って音の伸びが良いし、ペダルの機能も洗練されています。なので、必ずしも昔と同じ指使いを使わなくても魅力的に弾けます。冒頭では、和音の上の音の滑らかさより、むしろムラの無い音質を出す事に専念する指使いの方が、使うピアノによっては効果的になります。
とにかく、曲の与える印象、空気感などを壊さない演奏を心がけて下さい。柔らかい手首の使い方、模範演奏などは、映画内で観てみて下さいね!

お探しの楽譜は見つかりましたか?

この楽譜を見た人は、こんな楽譜も見ています!

楽譜データの購入はこちらから!

近くのコンビニで購入・印刷!

価格 ¥360

セブン‐イレブンでの価格・購入方法を見る

ローソンでの価格・購入方法を見る

ファミリーマートでの価格・購入方法を見る

サークルKでの価格・購入方法を見る

サンクスでの価格・購入方法を見る

楽器店のMumaで購入・印刷!

価格¥324

Mumaでの価格・購入方法を見る

同じ楽譜を出版物で購入したい方

※リンク先は、株式会社ヤマハミュージックメディアWebサイトです。

※こちらより出版物をご購入いただけます。

  • ぷりんと楽譜ってなに?
  • 購入前に必ずお読みください
  • 楽譜探し~印刷までの手順
  • はじめての楽譜・MIDIガイド
  • 演奏・レッスン役立ち情報