特集

使い方イメージから探す

あのイベント、シーンにピッタリ!

どこかで聴いたあの曲を演奏したい!

作曲をはじめてみよう! 第1回 ~短いメロディを作ろう~

最終更新日 2020/10/01

好きな曲を演奏できるようになったら、次は自分だけのオリジナル曲を作ってみませんか?
この特集では、作曲未経験の方でもすぐに実践できる作曲テクニックをご紹介します。

第1回は「短いメロディを作ろう」。誰でも鼻歌で簡単にできるメロディの作り方を伝授します。

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスから発売中の書籍『ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~』より抜粋してお届けしますので、もっと作曲のことを知りたくなった方はぜひこちらも手に取ってみてください。





作曲の第一歩としては、2 音や3 音といった「短いメロディ」を鼻歌か口で歌ってみるのが一番です。歌うのが嫌な人は、頭に浮かんだメロディをアプリや楽器で鳴らせばオーケーでしょう。

音が2種類のメロディを歌う

実際に、お題に沿って口で歌ってみましょう。まずは2 種類の音の高さのメロディから歌ってみます。

■ 2 音を行き来するパターン

見本楽譜

■同じ音を連打するパターン

見本楽譜

これらは、レとミだけのメロディです。「ミとレを行き来する」ようなメロディや、「どちらかの音を連打する(ミ・ミ・ミー♪など)」ようなメロディが作れます。「次の音はどんな高さにしたいか」を考えて歌ってみましょう。



ピッチの一部だけ変えてみましょう。ピッチとは「音の高さ」のことです。音(音符と休符)は、「音の長さ(リズム)」と「音の高さ(ピッチ)」で表されます。ここでは前ページで紹介した「繰り返しの例」のメロディを使い、ピッチの一部を変えてみます。

■ピッチの一部を変更した例

見本楽譜

1 小節目と2 小節目が同じメロディ(繰り返し)ですが、最後の1 音だけ「ド」から「ミ」にピッチを変えています。同じメロディを繰り返すことで覚えやすくしつつ、最後のピッチだけを変えることで飽きさせずに聴かせることができます。



たとえば、あるメロディを3 回繰り返すとして、2 回目以降はリズムをそのままにピッチだけをまるごと変えてみましょう。完全に同じリズム&ピッチで繰り返すよりも、キャッチーで親しみやすくなります。「キャッチーなメロディ」とは、思わず口ずさみたくなる、耳に残りやすいメロディのことです。

■ピッチを変えながら繰り返す例

見本楽譜

同じリズムのメロディを3 回繰り返し、それぞれのピッチを少しずつ変えることで、ストーリー性を持たせることができます。なお、4 回めにあたる最後のメロディは繰り返しを使っておらず、それまでの3 回と異なりつつシンプルなリズムにすることで、「区切り」「結論」という印象を与えています。



今回使用した書籍はこちら


表紙画像
ゼロからの作曲入門~プロ直伝のメロディの作り方~
口笛で、スマホで、気軽に曲作りを始めてみよう!

■価格 1,700円(本体価格)+税
■商品コード GTB01093079

詳細はこちら>>
(Amazonのページへ移動します)


まだまだある!ヤマハの作曲関連書籍

表紙画像
作りながら覚える 3日で作曲入門
理論から始めない新しい作曲本!

■価格 1,800円(本体価格)+税
■商品コード GTB01091692

表紙画像
ポール・マッカートニー作曲術
天才のひらめきと計算を身につけろ!

■価格 1,800円(本体価格)+税
■商品コード GTB01095840

表紙画像
作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~
楽しみながらよくわかる! はじめての小説×作曲入門書

■価格 1,600円(本体価格)+税
■商品コード GTB01091595

表紙画像
15秒作曲入門
ヒット曲のサビは15秒という真実!記憶に残る・伝わる曲作りのテクニックを伝授

■価格 1,800円(本体価格)+税
■商品コード GTB01095982

表紙画像
一発で記憶に残る曲を作る! 「9つのルール」
難しい音楽理論は一切ナシ!プロが使う「ウケる」ための作曲秘法を伝授

■価格 1,600円(本体価格)+税
■商品コード GTB01095838

各書籍について詳しくはこちら!

ヤマハの作詞・作曲書籍 >>
(Amazonのページへ移動します)